仮面ライダーBLACK SUNの成人向けの理由は?アダルトではなく暴力シーンが原因の噂!

仮面ライダーBLACK SUN,成人向け,理由 エンタメ

俳優の西島秀俊、中村倫也が主演、白石和彌が監督を務める「仮面ライダーBLACK SUN」の配信日時が10月28日(金)0時に決定したことが20200年8月29日に報じられました。仮面ライダーBLACK SUNは過去人気を博した仮面ライダーBLACKのリブート作品です。

 

本作はAmazon Prime Videoで200以上の国・地域で一挙世界独占配信の予定です。そして、この作品は仮面ライダーながらも18+、いわゆる成人向け指定となっています。なぜ仮面ライダーBLACK SUNは成人向け指定となったのでしょうか?

 

この理由が気になったので調査してみました。まずは元ネタニュースをチェックしていきましょう。

仮面ライダーBLACK SUNの情報解禁?元ネタニュースをチェック!

 

仮面ライダーBLACK SUNの配信日時が解禁され、2022年10月28日0時~に決定したことが報じられました。仮面ライダーBLACK SUNは1987年に放送され人気を博した仮面ライダーBLACK のリブート作品です。

 

本作品では主演に西島秀俊さん、中村倫也さんに迎え、Amazonプライムビデオで200以上の国・地域で一挙世界独占配信を行う予定です。また、YouTubeチャンネル「東映特撮YouTube Official」で特報映像第二弾が公開。

 

中村倫也さんが演じる信彦の迫力ある演説シーンで始まり、怪人に差別が蔓延する世界の中で、様々な怪人たちの力強く切ない生き様が表現されています。怪人役には音尾琢真さんや濱田岳さん、さらには吉田羊さんが出演することも発表されています。

 

それ以外にも、プリティ太田さん、三浦貴大さん、中村梅雀さんの出演も明らかになったこの仮面ライダーBLACK SUN。気になったのは、今回のprimevideoが設定するレーティングが18+、成人向けであることです。

 

なぜ仮面ライダーBLACK SUNは成人向け設定なのでしょうか?こちらについて調査したので紹介します。

 

仮面ライダーBLACK SUNが成人向けの理由は?暴力シーンや怪人の生き様が原因の噂!

 

仮面ライダーBLACK SUNがAmazonPrimeVideoで配信予定ですが、この作品のレーティングは+18、いわゆる成人向けとなっています。なぜ本作が成人向けとなっているのでしょうか?この理由は、アダルトシーンなど性的描写が理由ではなく、暴力シーンが原因だと思われます。

 

この特報映像第二弾の内容を確認すると、怪人側が人間に対して強い憎しみを持っていることがわかります。そのために怪人が人間に対して残虐行為を行うシーンなどが多く描かれるのではないでしょうか。

 

【特報第二弾】仮面ライダーBLACK SUN【2022年10月28日(金)0:00配信決定】

 

また、本作では怪人側も強くフォーカスされている作品であることがうかがえます。かなりドロドロとした心理描写なども描かれるために、仮面ライダーBLACK SUNは成人向け指定となったのではないでしょうか。

 

 

本作では、仮面ライダー側だけでなく、怪人側のキャストにもかなり力を入れていることがわかります。報道では「怪人たちの群像劇」と表現されていることから、仮面ライダーよりも怪人側の方が強くアピールされる作品なのかもしれません。

 

さらには怪人達の造形がリアルなことも、成人向け作品となった理由かもしれません。また、この作品の成人向け作品の理由は暴力シーンやドロドロした心理描写と予想しましたが、性的描写に関しては一切描かれないのでしょうか?こちらも併せて予想してみたいと思います。

 

仮面ライダーBLACK SUNでエロシーンある?監督は日活ロマンポルノに影響を受けていた!

 

仮面ライダーBLACK SUNの成人向けの理由を予想しましたが、エロシーンは一切ないのでしょうか?実は今回の監督を務めている白石和彌さんですが、中学生の時に日活ロマンポルノに影響を受けたことを明かしています。

 

また、白石和彌監督作品では過去にアダルトを扱った作品もあります。「フルーツ宅配便」という作品は地上波での放送だったために、いかに本番行為を匂わす演出をせず、いかに見せないで表現するかにこだわって作られているそうです。

 

 

今回ははっきりと成人向けと指定されていることと、白石和彌監督の作品ということで、エロシーンが一切ないかというと若干の可能性は残されているかもしれません。ただし、今回は前述のとおり成人向け指定なのは暴力シーンや心理描写が要因であると予想しています。

 

白石和彌監督作品では、ヒーローと考えている登場人物には痰を吐かせるという定番の演出があるそうです。もしかしたら、西島秀俊さんが痰を吐くシーンも登場するかもしれません。さらには、この監督作品ではたびたび「鮫のエキス」というアイテムが登場するとのこと。

これは師匠である若松孝二氏が映画を撮れなかった時に生計を立てるために輸入して失敗した商品で、師へのオマージュとして登場させているとのこと。もしかしたら、人間に対して恨みを持ちながらも、生計を立てられずに鮫のエキスを売る怪人も登場するかもしれませんね。

併せて読みたい最新ニュースを紹介!

併せて読みたい最新ニュースをいくつか紹介しておきます。
気になった方は、ぜひこちらも読んでみてくださいね!

石垣佑磨が酒を飲まないのはなぜ?飲んで暴行や神田沙也加と破局の噂を調査!

前橋市のフォークリフトでブランコ事故の会社はどこ?父親の名前やパレットとはなにかも調査!

章胤(富永愛の長男あきつぐ)の出身高校はどこ?父親は誰なのかも調査!

タイトルとURLをコピーしました