CEOセオ(佐藤俊介)の経歴がすごい?複数の会社を起業し漫画王国にも参画していた!

CEOセオ,経歴 エンタメ

実業家の堀江貴文さんと音楽デュオを結成していた「CEOセオ」さんですが、堀江貴文さんとのデュオを解散したことをツイッターで報告しました。自身が新型コロナウイルスのワクチンを接種していないことが理由で、堀江貴文さんから絶縁されたとのこと。

 

この堀江貴文さんとデュオを組んでいたCEOセオさんですが、調べてみると実業家として素晴らしい経歴の持ち主の様です。実は漫画王国にも関与していたようです。そこで、CEOセオさんの経歴について紹介したいと思います。

 

まずは元ネタニュースをチェックしていきましょう。

堀江貴文がワクチン未接種のCEOセオと絶縁?元ネタニュースをチェック!


 
実業家の堀江貴文さんと音楽デュオを結成していた「CEOセオ」さんが、2022年7月22日に堀江貴文さんとのデュオを解散したことをツイッターで報告していました。CEOセオさんは新型コロナウイルスのワクチンを接種していないことを理由に、絶縁されたとのこと。

 

堀江貴文さんもFacebookで名前は出していないものの、ワクチン未接種のビジネスパートナーについて「打たないって頭悪すぎ。社会悪。当然縁を切った」と投稿していました。堀江貴文さんとCEOセオさんは2019年から音楽デュオ「ホリエモン&CEO」を結成。

 

「NO TELEPHONE」「セケンテー」などの楽曲を発表していました。CEOセオさんは21日にTwitterで「半年ぶりの2回目コロナ感染。また39℃の熱と頭痛でしんどいなぁ。。」と新型コロナウイルスに感染していたことを報告していました。

 

正直、堀江貴文さんが音楽デュオを組んでいたことは初耳。そのためCEOセオさんとはどういう人物なのか知りませんでした。そこで、CEOセオさんの経歴について調べてみたので、紹介したいと思います。

 

CEOセオ(佐藤俊介)の経歴は?複数の会社の起業に関与の噂を調査した!


 
CEOセオさんの本名は佐藤俊介さんです。「CEOセオ」と書いて、「セオ」と読むそうです。CEOでセオと読んでほしかったようですが、そのまま「シーイーオー」と読む方が多かったので、カタカナを追記したようですね。

 

そんなCEOセオさんですが、その経歴がすごいと話題になっているようです。そこで、CEOセオさんの経歴について紹介していこうと思いますが、まず基本情報としてプロフィールから見ていきましょう。

 

名前:CEOセオ(セオ)
本名:佐藤俊介(さとう しゅんすけ)
生年月日:1978年6月3日
出身:神奈川県
最終学歴:日本大学理工学部建築学科
Twitter:@ceo_01music
Facebook:CEOセオ
YouTube:CEOセオちゃんねる
HP:https://ceo.01music.jp/

 

2022年7月現在、44歳となるCEOセオさんですが関わってきた会社がすごい、と言われています。ざっとまとめてみると、このようになっています。

 

◆2001年3月に大学卒業後
バリュークリックジャパン入社
◆2003年〜2010年
エスワンオーなど複数社設立
◆2011年
会社を売却
ファッションの会社展開のためシンガポールへ移住(8年間)
◆2013年
OCIAL GEAR PTE LTDを設立
◆2015年
ビーグリー(まんが王国の会社)に資本参画し取締役就任
◆2016年
OCIAL GEAR PTE LTDをトランス・コスモスに売却
同社の取締役CMOに就任
◆2017年
俳優・山田孝之とme&stars設立
ビーグリー株式上場
◆2019年
アーティスト活動開始、CEOセオとしてデビュー
◆2021年
株式会社CEORY設立

 

こう見てみると、確かに経歴がすごい!意外なところでは、俳優の山田孝之さんと一緒に会社を立ち上げているんですよね。これはエンタメDXのために設立したそうです。この会社はIT企業であるトランス・コスモスと山田孝之さんが共同で設立した会社、とニュースで報じられていました。

 

トランス・コスモスのCMO(最高マーケティング責任者)であるCEOセオさんは就任時、次のように語っていました。

 

「me&starsはトランスコスモスがこれまで培ってきたアセットと、業界にも新しい風を吹かせる山田孝之のもつ多彩な能力をかけあわせて生まれた、まったくの新しいコンテンツプラットフォームです」

引用:ORICON NEWS

 

俳優としても魅力的な山田孝之さんですが、イノベーション担当として活躍することを決意表明していました。華麗な経歴を持つCEOセオさんですが、山田孝之さんとのパイプがあるように、人脈にも優れた人物にも思えますね!

 

ここまで経歴について紹介してきましたが、そんな人物がなぜアーティスト活動を始めたのかも、調べてみたので紹介したいと思います。

 

CEOセオがアーティスト活動を始めた理由は?元々バンド活動をしていた!

 
数々の会社に関わってきたCEOセオさんですが、なぜ音楽に関するアーティスト活動を始めたのでしょうか?その理由ですが、「一億総アーティスト時代がこれからやってくるから」とSEOセオさんは語っていました。

 

今後は誰もが表現者=アーティストになる時代。しかしそれまでは会社のためにアウトプットしてきたものの、次は個を重視したそうです。個としての活動を強化するために「CEOセオ」としての活動を開始したとのこと。

 

CEOセオ – 『風』(Official Music Video)

 

また、もともと音楽が好きで高校生の時にはバンド活動もしていたそうです。得意なパートはボーカルだったことから、自らボーカルを務めているようです。しかし、残念ながら堀江貴文さんとの音楽デュオは事実上の解散と言うことになりました。

 

とはいえ、明日花キララさんとのデュオである「モザイク」や、ソロとしての活動も行っているCEOセオさん。堀江貴文さんとのデュオを解散したところで、それほど今後の活動には影響を与えなさそうな気がしますね。

 

CEOセオさん自身、ミュージシャンとはポテンシャルのあるマーケットであり、イノベーション(革新)に挑戦してみたい、とnoteに記載していました。これからもさらに活躍の幅を広げていきそうですよね!

併せて読みたい最新ニュースを紹介!

併せて読みたい最新ニュースをいくつか紹介しておきます。
気になった方は、ぜひこちらも読んでみてくださいね!

高田向日葵の名前が葉加瀬ではないのはなぜ?高田家の家系がすごいとの噂を調査した!

ガリレオの歴代ヒロインは誰か調査!それぞれの評価や柴咲コウが一番作品にあっていたとの噂も?

TKO木本武宏の投資トラブルの内容はなに?歩くだけで稼げるSTEPNで巨額負債の噂!

タイトルとURLをコピーしました