豊田裕大の出身大学や経歴は?メンズノンノ合格時の倍率や俳優志望の理由も調査した!

豊田裕大,出身大学,経歴 エンタメ

俳優として活躍をしている豊田裕大さん。映画やドラマにも出演しこれから活躍していくことを期待されている俳優さんです。そんな豊田裕大さんですが、高校時代は強豪高校のバスケ部に所属し、活躍していたとのこと。

 

さらにはメンズノンノモデルに高倍率を見事勝ち抜き、そこから俳優としてのキャリアをスタートした人物です。しかし、まだまだ駆け出しともいえる豊田裕大ですが、いったいどのような人物なのか気になるところ。

 

そこで、出身大学、高校や経歴、そしてメンズノンノの倍率はどのくらいだったのかやなぜ俳優を目指したのかを紹介していきます。

映画「レッドブリッジ」で活躍の豊田裕大とは?妖怪シェアハウスでも活躍!

映画「レッドブリッジ」と前日譚を描いた「レッドブリッジ Beginning」で、映画初出演を果たした豊田裕大さん。ドラマ「じゃない方の彼女」で俳優デビューを果たした豊田裕大さんですが、順調にキャリアを伸ばしているようです。

 

元々豊田裕大さんはメンズノンノでモデルとして活動をしていましたが、俳優として活動を始めたのは2021年。目標とする人物には松坂桃李さん、役所広司さん、菅田将暉さんなど演技は俳優をあげています。

 

映画「レッドブリッジ」出演に際しては、作品を見た後に余韻を残せる、作品に品が出るような役者になりたい、と語っていました。2022年6月現在、23歳とまだまだ若い豊田裕大さんですが、既にこのような深い部分まで考えているとは驚きですよね。

 

過去はバスケット強豪校でシューターとして活躍をしていた豊田裕大さんですが、高校時代にはあの八村塁さんとも対戦したことがあるそうです。この豊田裕大さんはまだまだ駆け出しの俳優さんともいえるので、知らない人も多くいるのではないでしょうか。

 

そこで、この豊田裕大さんについて、いろいろと調べてみました。

 

・豊田裕大の出身大学や高校は?
・豊田裕の大経歴は?
・豊田裕大のメンズノンノ合格時の倍率は?
・俳優志望の理由は?

 

こちらについて紹介していきます。

豊田裕大の出身大学や高校は?経歴も調査した!

俳優として活躍する豊田裕大さんですが、いったどのような人物なのでしょうか。まずはプロフィールや学歴、経歴などを見ていきましょう。

 

名前:豊田裕大(とよだ ゆうだい)
生年月日:1999年4月10日
出身:神奈川県
身長:179cm
事務所:トップコート
公式サイト:https://topcoat.co.jp/yudai_toyoda/

 

バスケットをやっていただけあって、高身長の豊田裕大さん。わずかあと1cmで180cm!しかも、高校時代はバスケットのシューターとして活躍していたとのことなので、きっと女子にはかなりモテたのではないでしょうか。

 

そんな豊田裕大さんですが、高校は藤枝明誠高校の出身です。この高校はバスケットボールが全国強豪校クラスですが、それ以外のサッカーや野球など運動部が全国レベルです。そんな高校でバスケ部で活躍していたので、かなりの腕前なのだと思われます。

 

ただし、バスケットはシックスマンとして位置しており、途中交代がメインのベンチスタートでした。高校卒業後は明星大学人文学部人間社会学科に入学しています。この大学在学中の2019年にメンズノンノモデルに見事選ばれ、大学生として勉強をしながらモデル業をこなしていました。

 

なお、大学には一般入試ではなくスポーツ推薦で入学したとのこと。そして俳優を志し、2021年5月からトップコートに所属しています。テレビドラマは「じゃない方の彼女」「妖怪シェアハウス」に出演、映画は「レッドブリッジ」シリーズに出演しています。

 

さらに、これから公開予定の「妖怪シェアハウス」の映画にも出演が決まっています。このような経歴を持つ豊田裕大さんですが、メンズノンノの合格時の倍率がどれくらいだったのかや、俳優志望の理由もチェックしていきます。

 

豊田裕大のメンズノンノ合格時の倍率は?俳優志望の理由もチェック!

豊田裕大さんがメンズノンノモデルに選ばれたのは2019年です。第34回メンズノンノ専属モデルオーディションでラボ シリーズ賞を受賞し、専属モデルとなりました。この時のグランプリを受賞したのは野村大貴さん。

 

実はこの方、沢村一樹さんの長男です。そして準グランプリが水沢林太郎ですが、当時16歳とファイナリスト最年少ながら既にドラマ「俺の話は長い」にレギュラー出演をしていた方です。そしてラボシリーズ賞とはオーディションに協賛するラボ シリーズから贈られるプレミアムな賞。

 

他の2名も引けを取らなかったと評価されたのでしょうね。この時の応募は2,300通もあったそうで、その中から豊田裕大さんが選ばれました。こちらがメンズノンノ公式サイトに掲載されている、プロフィール動画となります。

 

【豊田裕大/YUDAI TOYODA】MEN'S NON-NO MODEL PROFILE MOVIE

 

そんな豊田裕大さんが俳優の道に足を踏み入れたのはいったいなぜなのでしょうか?実はメンズノンノモデルに応募したのも、俳優として活躍したいと思っていたからだと思われます。過去のインタビューでは、次のように話していました。

 

プロを目指してバスケをしていましたが高校で燃え尽きてしまって。大学で何をしようかと考えたときに”俳優”が浮かび上がってきました。小学生や中学生の頃はドラマが好きでよく見ていて、『何かを表現できるってすごい』と漠然と感じていたことを思い出して。高校生の時、菅田将暉さん主演の映画『溺れるナイフ』を見て衝撃を受けたことも大きいと思います。喜び、痛さ、切なさなどあそこまで表現できる人がいるなんて。

引用:テレ東プラス

 

実は大学入学の際にこのようなことを考えていたようですね。さらには、メンズノンノモデルは俳優の登竜門と捉えていたようで、そのためにモデルオーディションに応募したとのことです。「じゃない方の彼女」で俳優デビューした豊田裕大さん。

 

それまでは俳優のオーディションを受けていたものの、思うような結果を出せなかったそうですが、このドラマに出演したことでインスタグラムや友達から多くのメッセージをもらい、ドラマの力が凄いことを実感したそうです。

 

俳優としてはまだまだ駆け出しともいえる豊田裕大さんですが、今後さらに出演の機会が増えていくのではないでしょうか。これからの活躍も、期待しています!

 

併せて読みたい最新ニュースを紹介!

併せて読みたい最新ニュースをいくつか紹介しておきます。
気になった方は、ぜひこちらも読んでみてくださいね!

じゃいの税金はいくらだった?税務署にバレた理由や外れ馬券が経費扱いケースも!

ロッキンフェス2022の暑さ対策グッズは?虫対策や必携アイテムもまとめてみた!

ロッキンフェス2022のでバンプのセトリは?過去のセトリや人気の楽曲から予想してみた!

タイトルとURLをコピーしました