坂本紫穂のwiki風プロフや経歴は?結婚やインスタなども調査!

坂本紫穂,wiki,経歴 グルメ

和菓子作家として活動している坂本紫穂さんをご存じですか?
映画に出てくる和菓子の監修を行ったり、総理公邸でのお茶会で茶菓子を担当した経験もある方です。

坂本紫穂はどのような人なのでしょうか?
元はIT企業に勤めていましたが、転身して和菓子作家になった坂本紫穂さん。

そんな坂本紫穂さんのwikiプロフィールは?
結婚や年収は?

こちらについて紹介します。

坂本紫穂のwikiプロフィールや経歴は?


坂本紫穂のwiki風プロフィールや経歴を紹介します。
まずはプロフィールです。

プロフィール

名前:坂本紫穂(さかもと しほ)
職業:和菓子作家
生年月日:1982年
出身地:栃木県宇都宮市
学歴:大卒
公式HP:https://shiwon.jp/

2021年9月現在、39歳の坂本紫穂さん。
紫をん名義でも活動しています。

フリーランスで和菓子作家として活動しており、企業などからの依頼で和菓子の監修や新商品開発を請け負っています。

お店も持たずレシピ本などを出さず、主に自宅の小さなキッチンを仕事場としています。
これまで創作した和菓子の数は400を超えているとのこと。

なお、東京都内で一般向けに和菓子教室も開催されているようです。
詳細はこちらのFacebookページからご確認ください。

花に止まる蝶、一滴の雫、月の光などをモチーフにした創作和菓子は「食べるのがもったいないくらい美しい」と多くの女性から支持を集めています。

そんな坂本紫穂さんの経歴についても紹介していきます。

経歴

1982年栃木県宇都宮市で生まれた坂本紫穂さん。
大学卒業後はIT企業に就職します。

6年間IT企業に勤め、プランニングやプロデュースをしていて、仲間にも恵まれ充実していたそうです。
しかし、IT企業はスピードが求められる業界であるため、徹夜することもいとわず仕事に没頭します。

そんな中で、やりがいを感じつつも忙しい毎日の中で自分を内観する時間が持てないことに焦りを感じます。
ついに働きすぎて心身の調子を崩したために休職することに。

その時に自分を見つめなおし、自分らしく働くためにはどうすれば良いのか、と葛藤していた矢先。
28歳の誕生日の頃に突然和菓子の夢を見ます。

仕事や将来について考えていた時期に夢に出てきたため、「もしかしたらこれが私の仕事になるかもしれない」と直感的に思えたそうです。

和菓子は坂本紫穂さんにとって、好きなものの集合体である、とインタビューで語っています。
食べ物が好き、色彩が好き、小さいものが好き、和のものが好き、抽象的な雰囲気が好き。

それら全てを網羅する和菓子を魅力に感じていました。
それをきっかけに和菓子の道に入ることを決意します。

一番最初の仕事はお茶会での仕事。
これが100人規模のお茶会で、お茶人の方から依頼をもらったそうです。

初めての仕事で大規模な仕事のため、最初は断ろうとも考えたそうです。

しかし、準備期間が3か月あったために茶菓子のひとつである「ねりきり」の基礎から学びなおし、当日は友人に作業を手伝ってもらいながらもやりきったとのこと。

無事に和菓子作家としてデビューした坂本紫穂さん。
以降の主な経歴はこちらです。

2013年 映画「利休にたずねよ」で和菓子の監修
2014年 漫画「へうげもの」茶会で和菓子監修
2015年-2017年 パークホテル東京にてアフタヌーンティースイーツ監修
2015年 韓国光州で開催のWorld Tea Forum 2015で日本を代表し和菓子の展示・講演・ワークショップを開催
2016年 総理公邸の安倍昭恵内閣総理大臣夫人主催茶会で茶菓子を担当
2016年 淡交社月刊誌「なごみ」10月号にて和菓子特集を監修
2017年 GINZA SIX内、SIXIÈME GINZAにて塗師・赤木明登の漆器作品とともに和菓子の展示を行う
2017年 New York,Food Film Festival 2017にて和菓子映像「WAGASHI」がBEST FOOD PORN AWARDを受賞
2018年 淡交社月刊誌『なごみ』3月号にて和菓子特集を監修
2019年 創作和菓子の宗家 源 吉兆庵よりコラボレーション和菓子をシリーズで発売
2020年 フードテック・プロジェクト、OPEN MEALS「サイバー和菓子」和菓子監修
2021年 Louis VuittonのVIPイベントにて和菓子制作
2021年 宗家 源吉兆庵のカフェレストラン K.MINAMOTOにてコラボレーションメニューを提供

また、NHK「おはよう日本」やBS-TBS番組「ドリップスタイル ~コーヒーがくれた時間~」などでテレビ出演もしています。

ホテルなどで和のデザートを開発したり、一般向けには和菓子教室やワークショップなどを開催する坂本紫穂さん。
年に数回は海外の仕事もあるそうです。

IT企業時代のプランナーやプロモーションの経験は和菓子作りにも活きている、と語っています。
プロモーションの経験はイメージに合わせてデザインの案を出し、世界観や自分の感性や感覚を伝えること。

そしてプランナーの経験は1日の詳細なスケジュールを前日の朝に立て、一日が有限であることを意識しながら働くことに役立っているそうです。

IT企業から和菓子作家の転身と聞くと、全く別な仕事のように思えますが、うまく前職の経験を活かしているのですね!

繊細な和菓子を作る坂本紫穂さんなので、きっとIT企業でも丁寧な仕事を行っていたことがうかがわれます。

坂本紫穂は結婚している?


坂本紫穂さんは結婚しているのでしょうか?
2021年9月現在39歳の坂本紫穂。

結婚していてもおかしくない年齢ではありますね。
しかし、結婚しているという情報は探しても見つかりませんでした。

Facebookなども確認しましたが、特にそのような記載はありません。
結婚と和菓子の仕事は関係ないと割り切って、そのような情報は公開していないのかもしれませんね。

2021年9月19日にはテレビ番組「情熱大陸」に出演予定です。
もしかしたらそこで明かされるかもしれませんね。

こちらは情報が公開されたら、追記します。

坂本紫穂のインスタは?

坂本紫穂さんのインスタを紹介します。

アカウントはこちらです。

インスタに投稿されている写真についても紹介しておきますね。
こちらは「青空と秋桜」という作品です。

一見すると和菓子だとわからない美しさですよね。
花が繊細に造られていて、青空とのコントラストが印象的な作品です。

こちらは季節の和菓子レッスンの題材となった「Rose Garden ~六月 薔薇」です。
練り切り生地で薔薇の花を作り、干菓子の薔薇の葉を添えています。

和菓子とはここまで表現豊かに作れるものなのですね。
脱帽です。

さらに、こちらはLouis Vuittonのイベントで作成した和菓子で「瀬戸の春」という作品。
可愛らしい蝶が表現されていますね。

愛媛県松山市での開催だったために、特産品である瀬戸内レモンを使用したそうです。
そして、銀食器のブランドであるCHRISTOFLEのイベント用として作られた、観賞用の作品。

「紫陽花」という名前がついています。

小瓶に入れると、色鮮やかさが映えますね。
しかも坂本紫穂さんの丁寧さと温かさが伝わってくるような作品です。

一度で良いから実物を見てみたいものですね。

坂本紫穂のwiki風プロフや経歴は?結婚やインスタなども調査!まとめ

坂本紫穂さんのwiki風プロフィールや経歴は?
結婚やインスタなどは?

こちらについて紹介しました。
和菓子とはこんなにも美しく、繊細に作れるものなのですね。

日本を代表する和菓子作家である坂本紫穂さんの今後の活躍を期待しています!

タイトルとURLをコピーしました