冨沢伸一(福島県小野町)の殺害動機はなに?同僚からの評判も調査!

冨沢伸一,福島県小野町,殺害動機,なに 事件事故

2022年12月7日に福島県小野町にある介護施設で、介護福祉士の冨沢伸一氏が入所者の94歳の女性に暴行を加え、殺害した疑いで逮捕された!というのをYahoo!ニュースで読んだのですが、この女性が亡くなったのは10月8日から9日にかけてのことのようです。

 

しかも、警察によれば冨沢伸一氏が被害女性が亡くなっているところを発見し施設に報告し、10日に施設関係者から警察に通報したとニュースにあったのですが、施設にはどのような報告をしたのでしょうか?

 

冨沢伸一氏は「体を押した」と一部暴行は認めているものの「殺すつもりはなかった」と容疑を否認しているようなのですが、なぜ冨沢伸一氏は高齢女性を殺害してしまったのでしょうか?殺害動機が気になるのと、この人物の評判はどのようなものがあったのでしょう?

 

これらを調べてみたので紹介します。まずは元ネタニュースを一緒に見ながら気になる点をチェックしていきたいと思います。

 

福島県小野町の介護施設で冨沢伸一が入所者殺害?元ネタニュースをチェック!

 

2022年12月7日に福島県小野町の介護施設で介護福祉士の冨沢伸一氏が、入所者の高齢女性を暴行して殺害して逮捕された!というのがYahoo!ニュースで報じられたのですが、そちらのニュースを引用して紹介してたいと思います。

 

福島県警は7日、同県小野町和名田、介護福祉士冨沢伸一容疑者(41)を殺人容疑で逮捕した。 発表によると、冨沢容疑者は今年10月8日から9日にかけて、勤務先の小野町の介護施設で入所者の植田タミ子さん(当時94歳)に暴行を加え、殺害した疑い。調べに対し、植田さんの体を押すなどした暴行は認めているが、「殺すつもりはなかった」と殺意を否認しているという。

引用:Yahoo!ニュース

 

介護福祉士の冨沢伸一氏が福祉施設に入所していた植田タミ子さんに暴行を加え、殺害した疑いがもたれていると報じられていますが、冨沢伸一氏は暴行は認めているものの、「殺すつもりはなかった」と殺害を否認しています。

 

殺すつもりはなかったと説明していますが、殺してしまった冨沢伸一氏と植田タミ子さんの間にはいったいどのようなことがあったのか報じられていないため、詳細が気になるところではないでしょうか。

 

また、介護福祉士として勤務していた冨沢伸一氏ですが、同僚や入所者の方たちからはどのような評判があったのかが気になりました。もしかしたら普段から怒りっぽい性格で見ていてひやひやしていた、というような評判はなかったのでしょうか?

 

これらが気になったので、冨沢伸一氏が植田タミ子さんを殺害した動機はなんだったのか?また同僚や入所者からの評判はどのようなものがあったのか?これらを調べてみたので紹介していきます。

 

冨沢伸一(福島県小野町)の殺害動機はなに?高齢者虐待は増加傾向だった!

 

介護福祉士として働いていた冨沢伸一氏が、介護施設に入所していた高齢女性を暴行して殺害したという事件が起こりましたが、冨沢伸一氏の殺害動機はいったいなんだったのか調べてみたのですが、実は高齢者虐待とは年々増加していることがわかりました

 

厚生労働省の調査によると、少し古いデータにはなりますが2018年に報告があった高齢者虐待の件数は、介護施設の職員によるものが621件もあったことが判明しており、これは前年度よりも111件(21.8%)も増加していました。

 

なお補足として、家族や親族によるものは1万7,249件で、前年度より171件(1%)増加しているとのこと。介護施設の職員による高齢者虐待は実は女性の方が被害を受けており、全体の74.2%とのことです。

 

 

なぜこのように介護施設の職員が虐待をしてしまうのか、理由も寄せられており、「教育・知識・介護技術等に関する問題」が58%と最も多く、次いで「職員のストレスや感情コントロールの問題」が24.6%となっていました。

 

3番目の理由は、「倫理観や理念の欠如」「人員不足や人員配置の問題及び関連する多忙さ」が挙げられており、それぞれ10.7%となっていました。冨沢伸一氏が被害女性に暴行を加えた理由も、このどれかなのではないか、と思います。

 

このようなデータが明らかになっているので、介護施設などでも教育や研修などは行っていると思いますが、高齢者虐待は後を絶たないため、なにかもっと抜本的な対応が必要なのかもしれません。また、今回暴行をしてしまった冨沢伸一氏はどのような評判があったのかも調べたので紹介します。

 

冨沢伸一(福島県小野町)の同僚からの評判は?普段はおとなしかったとの声も!

 

冨沢伸一氏は同僚からはどのような評判があったのかも調べてみたのですが、この介護施設では会見を開いて説明をしていたようで、そこでは「普段は静かでおとなしく、仕事を無断で休むようなことはなかった」と言われていたようです。

 

普段静かでおとなしく、しかも仕事を無断で休むようなことなく勤務態度も良かったという評判があるようですが、内に怒りを溜め込んでしまうタイプだったのではないか?と想像ができるのですが、普段静かな人が怒ると怖い、という話を聞いたことはありませんか?

 

冨沢伸一氏も怒ったら怖いタイプだったと思いますが、それにしても殺人までしてしまうというのはかなりの怒りの深さであったのかもしれません。なお、先ほど介護職員が入所者に対して高齢者虐待を行う例を紹介しましたが、逆のケースもあるようです。

 

というのも、こちらも厚生労働省の資料によれば、介護職員のうち利用者からハラスメントを受けたことがある人は4~7割にものぼるというデータがあるそうです。しかもこの中で最も多いのが「介護老人福祉施設」で、次が「認知症対応型通所介護」です。

 

 

入所者から身体的暴力を受けたり、怒鳴られたり威圧的な態度を取られるといった精神的暴力などのハラスメントが起こっているようで、もしかしたら冨沢伸一氏もハラスメントを受けていたのかもしれませんが、それでも殺害につながるような 暴行はさすがにやりすぎですよね。

 

もしもそのようなハラスメントを受けていたら、担当を代わってもらったり上司に相談すれば良かったのではないか?とも思うのですが、そのような状況ではないために暴行をしてしまったのかもしれません。

 

この事件の詳細は警察の取り調べで明らかになると思いますが、今後別の施設で同じような事件が起こりかねないため、介護施設全体の問題として捉えて対策を取ってほしいものです。なお、冨沢伸一氏の顔画像や勤務先についてはこちらの記事で紹介しているので、併せて読んでみてくださいね。

 

 

併せて読みたい最新ニュースを紹介!

併せて読みたい最新ニュースをいくつか紹介しておきます。
気になった方は、ぜひこちらも読んでみてくださいね!

出産育児一時金の増額が少なすぎる?少子化対策の効果はないとの噂!

佐久市の18歳未満にみだらな行為の小学校教師は誰?勤務先や住所不定の理由調査!

浅水修太(札幌市消防局)の経歴は?顔画像や被害女性が家にいた理由も調査!

タイトルとURLをコピーしました