波動医学提唱の高橋徳の経歴は?コロナワクチン接種反対で話題に!

国内ニュース

コロナウイルスワクチンの安全性に懸念を訴える医師が、連盟で接種中止を求める嘆願書を厚生労働省へ提出しました。
発起人は高橋徳医師ですが、この高橋徳医師が提唱する波動医学がネットで話題になっています。

高橋徳医師は米ウィスコンシン医科大名誉教授の肩書を持つ人物。
現在は名古屋のクリニックの院長を務めています。

この高橋徳医師の経歴はどのようなものでしょうか?
また、そもそも波動医学とはいったい?

これらを紹介したいと思います。

波動医学提唱の高橋徳の経歴は?

波動医学を提唱する高橋徳医師の経歴を紹介します。

高橋徳医師は1977年に神戸大学医学部を卒業。
その後関西の病院で10年間消化器外科医として勤務。

胃腸疾患の医療に従事していましたが、同時に鍼治療を習得し慢性疼痛の患者に応用をしてきました。

しかし、当時の医療が西洋医学に偏りすぎていることと、日本ではおろそかにされがちな盗用医学と「セルフケア」の重要性に気づきます。

そこでさらに研究を深めたいという思いで1988年に渡米します。
ミシガン州大学助手、デューク大学教授を経て、2008年ウィスコンシン医科大学教授に就任します。

アメリカでの主な研究テーマは「鍼の作用機序」と「オキシトシンの生理作用」。
この時オキシントンが健康を保つ鍵と知ったとのことです。

オキシントンは「幸せホルモン」「抱擁ホルモン」とも呼ばれています。
「飼い主と犬が触れ合うことで互いにオキシントンが分泌される」という大学の研究成果が「サイエンス」誌に掲載され、世界でもその名を知ることとなりました。

高橋徳医師は波動医学だけでなく、心身医療も取り組んでいます。
現在も宗教と医学の関連をHPに掲載しているのは、この時の研究から来ていたのですね。

2013年になると帰国し郷里の岐阜県に「髙橋医院」を開業。
2016年には名古屋市に「総合医療クリニック徳」を開業しました。

現在は「日本健康創造研究会」の会長を務めています。

クリニック徳のHPはこちらです。
HPを見るとわかりますが、「心身療法」「波動医学」「宗教と医学」といった項目が並んでいます。

ここに出てくる波動医学について、次から紹介していきます。

高橋徳提唱の波動医学とは?

波動医学,高橋徳,経歴
高橋徳医師が提唱する波動医学とはどのようなものなのでしょう?
Googleで検索すると波動医学の次に出てくるサジェストワードに並ぶのは・・・

「トンデモ」
「怪しい」
「エビデンス」
「効果」

などと言った言葉が並んでいます。

そもそも波動医学は1970年代後半にトンネル技師であったドイツのパウル・シュミットが土木工事を効率よく行うために、「ダウジング法」という技術に着目したのがきっかけ。

ダウジングは地中に隠れている物質や水脈が有する固有の波動を地上で感知するというもの。
高橋徳医師のHPでは「魔術的な古くからの技法」として紹介しています。

シュミット氏はこの技術を研究していくうちに、人体が発している波動に強い興味を持ちました。

さらに多くの医師と共同研究を行ううちに、各臓器や器官が有する固有の周波数や、病気によってその周波数に持たされる変化を30年に渡り調べ続けました。

シュミット氏は研究の末、全ての病気には固有の振動数があるということを確認。
さらには調整した周波数の波動と共鳴させることで、個々の疾患の生み出す波動を消し去る方法を確立していきました。

これが現在の波動療法となります。
波動療法は「テラトロン」や「メタトロン」といった機器を使用して治療を行います。

気になるのは、この波動療法が効果があるのか?という点。
高橋徳院長のクリニックのHPには事例も紹介されていました。

この治療で治った!という事例はその他を探しても見つからなかったのですが、「メタトロン」と呼ばれる機器で体の状態を診断してくれる予防医療を施してくれるクリニックは多数ありました。

コロナウイルスワクチン接種中止の嘆願書には450人の医師が連名で提出した、とのことです。
これらの医師にメタトロンなどで医療を行う医師たちも含まれているのかもしれませんね。

新型コロナワクチン接種中止の嘆願書提出後の記者会見

「新型コロナワクチン接種中止」の嘆願書を厚労省に提出後の記者会見!私の意見はひとつもありません!あくまで客観的に参議院会館での報道をしました!だから削除される事はないかな?(^^;)

こちらは「新型コロナワクチンに警鐘を鳴らす医師と議員の会」による、「新型コロナワクチン接種中止」の嘆願書を厚労省に提出後の記者会見の様子です。

こちらの内容を見ると、ワクチン有効性95%は数字のマジックであり、感染者で比較すると95%であるが、非感染者で比較するとワクチン接種グループと非接種グループの違いは0.5%しかない。

そのため、ワクチンを打っても打たなくても感染しない確率は99.4%以上である、とのことです。
さらには新型コロナの感染者と濃厚接触しても99%以上の国民は新型コロナに感染しないと発言しています。

また、新型コロナワクチン接種後の死亡者数はインフルエンザワクチン接種後の死亡者数の250倍。
若年成人には、心筋炎のリスクが高いとも。

うーん。
濃厚接触しても99%以上はコロナに感染しない、っていうところが特にわかりませんね。

もしそうだったら、これだけ爆発的には感染していないでしょうから。
それに海外でコロナ感染者が減少しているのもワクチンのおかげではないのでしょうか?

自分にはこの説明の論理は理解できませんでした。
また、治験が終わっていないから接種はできないとも発言がありますが、そこはある程度のプロセスを省き、命を守ること前提でワクチン接種を世界中でやっていることでは?と思ってしまいます。

波動医学提唱の高橋徳の経歴は?コロナワクチン接種反対で話題にまとめ

コロナウイルスワクチンの接種中止を求める嘆願書を提出した高橋徳医師の経歴はどのようなものでしょうか?
また、そもそも波動医学とはいったい?

これらについて紹介してきました。
河野太郎ワクチン担当相は自身のブログで「医師免許を持っているにもかかわらず、デマを流す人もいます」と述べていました。

あなたはワクチンを打ちましたか?
これから打ちますか?

自分は7月中には打つ予定でいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました