ApexLegendsDDOS攻撃でデータ初期化!データは無事?

ゲーム

PS4のゲームである「ApexLegends」で、プレイデータが初期化される事態が起きています。
開発元である米Respawn Entertainmentは「DDOS攻撃を受けた」と公式Twitterにて投稿しています。

DDOS攻撃とはいったいなんなのでしょうか?
また、初期化した際のデータは無事に復旧できるのでしょうか?

これらをまとめて紹介します。

ApexLegendsが受けたDDOS攻撃とは?

ApexLegends,DDOS
PS4のゲームであるApexLegendsで、2021年4月6日からゲームが初期化される現象が発生しています。
日本時間の7時49分には、開発元であるRespawn Entertainmentの公式Twitterから「DDOS攻撃により影響を受けている」とツイートしています。

初期化されるのはレベルや戦績ページ、バッチなどとのことで、PS4版を利用するプレイヤーのみ影響がありました。

また、EA(エレクトリック・アーツ)のゲームでオンラインプレイを行う際に必要なEAアカウントに紐づけられたメールアドレスを変更すると、アカウントがロックされてしまうというバグも発生中との報告もありました。

しかし、当初は初期化バグと関連して起きていたものと捉えられていましたが、調査により別の問題であることが判明しています。

さらに、同社の「タイタンフォール」でもDDOS攻撃が行われているとの情報もありました。
いったいDDOS攻撃とはどのようなものなのでしょう?

DDOS攻撃はサイバー攻撃の1種で、ウェブサイトやサーバに対して過剰なアクセスやデータを送付する攻撃です。
似たような攻撃にDOS攻撃というものがあります。

DOS攻撃は単一のPCからサーバに対して攻撃を行います。
一方、DDOS攻撃は複数のPCから多重的に攻撃を行ってきます。

さらに、DDOS攻撃は他人のコンピュータを乗っ取って攻撃を行います。

これは「踏み台」と呼ばれており、攻撃を受けた側がどこから攻撃されたのかの情報を追えるのがこの乗っ取られたPCまでのみなので、サイバー攻撃の犯人を見つけ出すのは難しい、と言われています。

さらに、DDOS攻撃は通常のアクセスと違いを見つけるのが難しく、DDOS攻撃だけを排除することが困難という特徴も持っています。

DDOS攻撃を受けるとどうなるのか?

DDOS攻撃を受けるとどうなるのでしょうか?
DDOS攻撃の主な目的は、ウェブサイトやサーバに対して高負荷をかけることです。

高負荷をかけられたサーバや、そこで使われているネットワーク機器の動作が正常にできなくなります。

ネットワーク機器に負荷がかかると正常にデータが流れなかったり、サーバに負荷がかかるとデータが受け取れないだけでなく、サーバ自体がダウンしてしまうことも考えられます。

今回の事象はゲームデータが初期化される現象が見られました。
これはサーバに負荷がかかり内部のデータを読み取ることができなかったため、初期データを表示していた可能性が高いです。

ApexLegendsのデータは元に戻る?

ApexLegends,DDOS
心配なのは、初期化されてしまったゲームデータが元に戻るか?という点です。
この点については、Respawn Entertainmentは午後2時18分、公式Twitterアカウントにて「4月5日午後6時(現地時間)時点にデータをバックアップから復元する」とツイートしています。

これ以降に更新したデータは元に戻ってしまうかもしれませんが、全くデータが0になるわけではないのでご安心を。

また、日本時間の15時30分にRespawnの開発者より「データ復旧作業が完了」したことが伝えられています。

まとめ

ApexLegendsのDDOS攻撃に関して、DDOS攻撃がどのようなものなのか?
また、初期化されてしまったデータは元に戻るのか?

これらを説明してきました。
しかし、このDDOS攻撃を行った犯人の目的は何だったのでしょうか?

考えられるのは、このゲーム内でデータを改ざんして強力なユーザーを作り出すなどのチート行為を咎められた者か、はたまたこのゲームを貶めたいがために行った人物か・・・。

DDOS攻撃は犯人を見つけ出すのが難しいサイバー攻撃なので、犯人を捕まえることは難しいかもしれません。
このようなことはゲームユーザーも不利益を被るため、やめてほしいところですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました