ダイソーの500円で買える「ブギーボード」のようなものの評判は?

ダイソー,ブギーボード おすすめ商品

100円ショップのみんな大好きダイソーさん。
そのダイソーで、ブギーボードのような電子メモパッドがなんと500円で購入できます。

ワンコインでブギーボードとは、さすがダイソーさんの価格破壊ですね。
この電子メモパッドの評判はどうなのでしょうか?

ネットの評判をまとめてみました。

ダイソーのブギーボード(のようなもの)の評判は?

ダイソーのブギーボードのような電子メモパッドですが、ネットでの評判をまとめました。
メリット・デメリットが見えてきたので、紹介していきます。

メリット

ダイソーの電子メモパッドのメリットは、やはりなんといっても安価で購入可能なこと。
ワンコインの500円で購入することができます。

本家のブギーボードはキングジムから販売されています。
同じサイズの8.5インチの価格は3,800円。

ダイソーと比較すると約4倍近くになります。
安価でまずは試してみたい!という人には、ダイソー商品がおすすめです。

そして、本家同様ボタン一つで書いたものを消去することができます。
新品のボタンを入れると、約5万回消去することができます。

消したくないものをメモした場合、後ろにあるロックをかけるとボタンを押しても消去できなくなります。
小さなお子さんにいたずらされて消えてしまった、ということがなく便利な機能です。

そして、気になる書き心地です。

500円という価格の割には、なかなかの書き心地の模様です。
ただし、この書き心地は人それぞれの感性によるところが大きいため、慣れない人には本当に慣れない、ということも十分あり得ます。

そして、電源を入れなくても文字をいきなり書くことができます。
また、放って置いても画面がスリープになったりしません。

ipadなどをメモ代わりに使っている人には、起動したりスリープしたりといったことにストレスを感じている人も中にはいます。
そのような人にはこの商品がおすすめです。

デメリット

ダイソーのメモパッドのデメリットについても触れておきます。
まずは、サイズについてです。

ダイソーから販売されている電子メモパッドは8.5インチのみです。
もう少し小さいもの、大きいものといったニーズには応えることができません。

また、付属のペンを留める金具が固く、取りにくいことが挙げられます。
子供の遊び道具としては、毎回ペンをしまうのは苦労がいります。

毎回格納場所に入れずに、紐のようなものでつけておくとよいでしょう。

ダイソーのブギーボードはまだ買える!

ダイソーの電子メモパッドはデメリットもありますが、手軽に試すことができる価格。
気に入らなかったとしても、それほど痛い金額ではありません。

ネット上では大人気の商品なので、ほしい人にあげても喜んでもらえること間違いなし。
昨年からダイソーに入荷しており、ダイソーでは売り切れ続出の店舗も多かったようです。

しかし、売っているところには売っています。

いくつかの店舗を回ってみると、見つかるかもしれません。

ダイソー商品ではなくて、本家のブギーボードを使用したい方はこちらを参考にしてみてください。

キングジム「ブギーボード」の評判は?A6手帳サイズが新発売!
文具で有名なキングジムから「ブギーボード」のA6手帳サイズが新登場です。ブギーボードはアメリカ生まれの電子メモパッドをキングジムが商品化したものです。このブギーボードの評判はどのようなものか、またどのような機能を持っているのかを紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました