THE610BASE(ムトベース)場所はどこで駐車場ある?営業時間や評判口コミも調査!

THE610BASE,ムトベース,場所,どこ グルメ

廃校跡を利用してイチゴ狩りを行うことができるTHE610BASE(ムトベース)。
イチゴの量り売りも行っており、地元では多くの人が利用しているようですね!

THE610BASEは電気設備会社井上が運営しており、4種類のイチゴを楽しむことができます。
このTHE610BASEは京都府福知山市にあり、そこで採れるイチゴはスイーツ店でも使われています。

そんなTHE610BASEの場所はどこにあるのでしょうか?
駐車場も用意されていて車でも行けるのかも気になりますね。

また、予約の要否や口コミなどもチェックしておきたいところ。
そこで、THE610BASE(ムトベース)場所はどこで駐車場ある?

営業時間や評判口コミも調査!
こちらを紹介します。

 

廃校後でいちご狩りができる?THE610BASE(ムトベース)のニュースをチェック!


廃校跡を利用しイチゴ狩りを楽しむことができたり、いちごを販売しているTHE610BASE(ムトベース)。
この施設は2018年に廃校になった旧中六人部小を活用して始めた施設です。

旧中六人部小学校は児童数減少のために、残念ながら廃校となりました。
2020年10月に電気設備会社井上が運営を始め、地元でも話題になっているようですね。

卒業生もおいしいイチゴを食べにいっているそうです。
購入したイチゴは施設内で食べることもできますが、持ち帰ることもできます。

イチゴの種類は紅ほっぺや草姫など4種類のいちごを楽しむことができるそう。
それだけでなく、イチゴのソフトクリームなどのスイーツも開発中なんだとか。

イチゴは約1万6千株も栽培しており、ビニールハウス7棟で運営しているとのこと。

コロナ禍の影響もあるため、量り売りを利用する人が増えており、多い人では1万円分のイチゴを購入して持って帰っているそうですよ!

また、THE610BASEではワークショップも行っています。

イチゴ染め体験やイチゴジャム作り、さらには黒豆種まき体験やイチゴ苗植え体験、それらの収穫体験など畑仕事体験することもできるようですね。

オンラインショップではイチゴジャムや紅ほっぺや章姫などの人気のイチゴや、オリジナルアイスクリームも販売しています。

ここで気になるのは、このTHE610BASE(ムトベース)の場所はどこなのか?という点ではないでしょうか。

また営業時間や評判・口コミなども気になるところですよね。
そのためこれらを調査したので、まとめて紹介していきますね!

 

THE610BASE(ムトベース)の場所はどこ?駐車場や営業期間もチェックした!

THE610BASE(ムトベース)の場所がどこにあるのかを紹介していきます。
住所はこちらとなります。

京都府福知山市字大内1767

元小学校だっただけあって、駐車場のスペースは広くあります。
20台くらいはおけそうですね。

なお、車を利用する場合は舞鶴若狭自動車道 福知山ICから、約7分。
ICから南に進み国道9号~府道708号に進みましょう。

送迎バスも用意されています。
福知山駅から運行していますが、事前予約が必要となります。

送迎バスには9人まで乗車可能です。

THE610BASE(ムトベース)の基本情報はこちらとなります。

名前:THE610BASE(ムトベース)
住所:京都府福知山市字大内1767(旧中六人部小学校)
電話:0773-20-2015
定休日:不定休
受付時間:9:00~16:00
入場料:無料
公式Instagram:fields_the_base_official
公式HP:THE610BASE

田んぼに囲まれた自然豊かな場所にTHE610BASEはあります。
近くには土師川と竹田川なども流れているのどかな場所。

飲食の持ち込みはOKで、入場は無料ですがイチゴ摘み体験やワークショップは有料です。
イチゴのパック販売は1パック700円前後です。

イチゴ狩りは要予約ですが、イチゴの量り売りは予約不要ですよ!
イチゴ狩りの価格はこちらの値段になっています。

・7歳以上:2300円
・4歳~6歳:1400円
・3歳以下:無料

定休日は不定休なので、量り売りは無料ですが電話で確認しておくと安心ですよ!

 

THE610BASE(ムトベース)の評判や口コミは?スケボーのミニランプもあるらしい!

THE610BASE(ムトベース)の評判や口コミはどうなのでしょうか?
ネットの口コミを集めたので紹介しますね!

廃校になった小学校の卒業生の投稿がありました。
イチゴが美味しいとのことです!

写真も見る限り、形や色も良さそうですよね!
こちらも卒業生の投稿。

ニュースでは4種類のイチゴが食べられると記載されていましたが、この時は3種類だったようですね。
時期によって食べられるイチゴの種類は変わる可能性がありそうです。

また、ここのイチゴは付近のお店でも使用されています。
京都の和菓子屋さんの投稿がこちら。

 

この投稿をInstagramで見る

 

信樂 ~shiraku~(@shiraku_2525)がシェアした投稿

スイーツを扱う職人さんが、THE610BASEのイチゴは美味しいと言ってますね!
これはかなり期待できそうです。

今後はコラボスイーツも展開したいとのことなので、THE610BASEで新しい商品も登場するかもしれませんね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

木村 雄平(@yuhei.kimura_kim)がシェアした投稿

大きなイチゴに小さなお客さんも大満足とのこと。
よっぽどイチゴ狩りが楽しかったのか、帰りの車は夢の中だったみたいです。

甘さに敏感な小さな子供も満足できるイチゴの評判は、かなり良さそうです!

イチゴの美味しさは十分伝わったと思いますが、実はスケートボードのミニランプもあるんです。

教室内に作られたランプなので、ミニサイズですがグループ単位の貸し切り制なので、周りを気にせず楽しめます。

料金は1時間で1名800円ですが、1名での貸し切りは1600円です。

基本情報はこちらです。

通常営業時間:毎週金・土・日(9時~16時)
電話0773-20-2015
予約サイト:https://coubic.com/fields-the-base-official/998437
※スケボーデッキ、ヘルメット、プロテクターなどの貸し出しはなし
※利用者は最初にメンバー登録(300円)と利用規約及び免責事項への誓約が必要
※1日1グループ最大1時間

予約が必須なので、ご注意くださいね!

 

併せて読みたい最新ニュースを紹介!

併せて読みたい最新ニュースをいくつか紹介しておきます。
気になった方は、ぜひこちらも読んでみてくださいね!

bb.q オリーブチキンカフェ習志野場所はどこ?東京の店舗や口コミ評判も調査した!

三宅健は老けないのは本当?過去画像の比較や11のルーティーンを紹介!

北京五輪コロナ隔離者の食事は競技に影響ない?3食の内容や部屋も狭く不潔の噂を調査!

タイトルとURLをコピーしました