花田優一の靴のレベルはどのくらい?注文方法や靴以外の活動調査!

花田優一,靴,レベル エンタメ

靴職人の花田優一さんが俳優デビューとのニュースが報じられています。
花田優一さんといえば人気力士であった貴乃花親方の息子です。

靴職人になるべくイタリア留学を行い、靴職人として活動していますが、他にもいろいろと活動しているようですね。

気になるのは、どのレベルの靴が作れるのか?という点ではないでしょうか。
そこで、花田優一の靴のレベルはどのくらい?

注文方法や靴以外の活動を調査!
こちらについて紹介します。

花田優一の靴のレベルはどのくらい?

花田優一さんは高校卒業後、イタリアのフィレンツェの専門学校であるアカデミアリアチで2年半靴作りを学んでいます。

帰国した後には都内に自身の工房を設けて完全受注制で靴の販売を行っています。
しかし、靴作りは一般的には工房に就職し靴職人としての経験を徐々に積んでから独立します。

わずか3年にも満たない経験でいきなり自分の工房を構えるのはかなり無謀とも思われる行動です。
もしかして花田優一さんは天才なので、そのような経験は不要なのでしょうか?

靴職人として働いている人から見た評価はどのようなものなのでしょうか?
こちらのような評価がされていました。

「英国の靴の学校の1年生は、みんなこの程度作ってます」

引用:exciteニュース

残念ながら、学生と同じレベルという評価でした。
実際の靴を紹介します。

パッと見はしっかりしてそうな靴に見えますよね。
しかし熟練の職人から見た評価は、まだまだとのこと。

まだ、花田優一さんはイタリア時代に指導してもらった靴職人アンジェロ・インペラトリーチェさんを師匠と公言しています。

一方でアンジェロさんは「弟子とはいえない。専門学校の教師と生徒の関係」と師弟関係を否定しています。
この言葉の意味はどのようなことなのでしょうか?

弟子と言えるほどは教えていない?
もしくはその実力から弟子とは認めていない?

いずれにせよ、師弟関係は否定されているので花田優一さんは今だ師匠についたことがなく、学校で学んだだけということになりますね。

花田優一の靴の注文方法は?

花田優一さんに靴を作ってもらいたい!という人はどのように注文すれば良いのかを紹介します。
花田優一さんのオフィシャル公式サイトがこちらになります。

しかし、こちらを見ても靴の注文方法の記載はありませんでした。
インスタグラムの投稿を確認すると、メールアドレスが記載されています。

靴の受注、受け付けていますと記載されており、その下にメールアドレスがあるのでそこにメールすれば良さそうですね。

なお、花田優一さんが作る靴の値段は1足15~20万円とのこと。
オーダーメイドでの販売なので高価なのでしょうね。

花田優一は靴以外の活動は?


花田優一さんが俳優としてデビューすると報じられていますね。
しかも、監督は母親の河野恵子さんの再婚相手の可能性もあるようです。

靴職人が俳優デビューとは驚きです。
実はそれ以外にも活動をしていることがわかりました。

花田優一さんの公式サイトのプロフィールを見ると、「靴職人/画家/デザイナー」とありました。
靴職人以外にも、画家、デザイナーの顔を持っているようです。

花田優一さんが描いた絵がこちらです。

このような絵を描いているようです。
いかがですか?

あなたはこの絵が欲しくなりますか?
なお、自分は残念ながら絵心がないため、あまり欲しくはなりませんでした。

また、アパレルのデザインも行っているようで、こちらのパーカーやTシャツの販売も行っているとのこと。

実は活動の幅はこれだけではありません。
音楽活動も行っていました。

2020年9月にGREEN-PEACE Recordsよりシングル「純青」で歌手デビューを果たしています。
アルバム「みなさん どうぞ」を発売しています。

歌以外にも、作詞・ジャケットデザインも担当しています。
なお、歌唱力はなかなか高いと評判のようです。

さらにはラジオ番組も放送していましたが、本業の靴作りを疎かにしお客さんに迷惑をかけたために父親の貴乃花親方が解雇するように事務所へ申し出たとのこと。

幅広く活動をしている花田優一さんですが、本業の靴職人としてはトラブルが絶えなかったようですね。
納期に全く間に合わず、月にわずか1足しか作れないにも関わらずメディア出演などは盛んに行っていました。

花田優一の靴のレベルはどのくらい?注文方法や靴以外の活動調査!まとめ

花田優一の靴のレベルはどのくらい?
注文方法や靴以外の活動は?

こちらについて紹介してきました。
靴職人ながら、俳優デビューを果たす花田優一さん。

アパレルや絵画、そして音楽と幅広く活躍していますが、靴の制作が遅く一時期はトラブルが週刊誌で取り上げられていましたね。

今でも同じくらい時間がかかっているのでしょうか。
まずは靴職人として腰を据えて活動をするのが良いように思えますが。

タイトルとURLをコピーしました