SuchmosのHSUの死因は?小田急関連の推測や腫瘍の影響も!

Suchmos,HSU,死因,小田急 SNSで話題

ロックバンドのSuchmos(サチモス)のベースであるHSUこと小杉隼太さんが亡くなったことが報じられました。
32歳で亡くなったとのことですが、気になるのは死因はなんだったのか?という点ですよね。

報道では死因については報じられていません。
過去には腫瘍が見つかったために摘出手術を受けたこともあります。

その時は無事成功していますが、このことに関係があるのでしょうか?
そこで、SuchmosのHSUの死因は?

腫瘍の影響や小田急関連での自殺の可能性は?
こちらについて紹介します。

SuchmosのHSUの死因は?


SuchmosのHSUこと小杉隼太さんの死因ですが、今のところ2つが考えられます。
その2つについて、それぞれ紹介していきます。

腫瘍が再発した

HSUさんは2019年6月に体調不良で入院し、精密検査をしたところ腫瘍が見つかりました。
そのため腫瘍の摘出手術を行い、この手術は無事成功しています。

そしてその後には、術後は順調で退院し、快方へ向かっていることも報じられています。
その証拠に、同年の9月に行われた単独公演で元気な姿をファンの前に見せています。

しかし、この時の腫瘍が良性のものなのか悪性のものなのかなどは報じられていません。
これが悪性の腫瘍で他の部分に転移していたことも考えられます。

Suchmosは2021年2月に活動休止をしていますが、これは体調不良が理由ではありません。
「修行の時期を迎えるため」として、休止しています。

腫瘍が悪性で癌などになっているのであれば、公式HPで掲載されそうですがそのようなことはありませんでした。
そこで、もう1つの理由についても見ていきましょう。

小田急電車に飛び込みの可能性も

2021年10月7日に、小田急江ノ島線で急行電車にひかれたために死亡した男性がいます。
この男性は、職業が音楽家で年齢は32歳であることが報じられています。

HSUさんの年齢ですが、32歳です。
職業も音楽家と一致するため、この小田急電車にひかれたのがHSUさんではないか?という噂があります。

SuchmosのオフィシャルページではHSUさんがいつ亡くなったのかは公表していません。

死因についても記載されておらず、ファンの間ではこの符号があまりにも一致することで、HSUさんが小田急線でひかれたのではないか、と囁かれています。

小田急での人身事故のニュースでは飛び込んだのか、それとも事故だったのかは記載されていません。
もしかしたら、コロナの時期などで思い悩み、飛び込んだ可能性もなくはありません。

これらは全て憶測には過ぎませんが、年齢と職業が一致することから考えると、HSUさんが小田急線でひかれた可能性もあるものと思われます。

なぜ公表されないのか?という点もきになりますよね。
自殺だったとしたら、そのようなことを公表することにためらいを生じるかもしれません。

自殺ではなくとも、電車でひかれるという事故はかなり衝撃的なので、事実を伏せているのかもしれません。

SuchmosのHSUは結婚している?

SuchmosのHSUさんについて調べたところ、結婚して子供もいるようです。
子供は息子さんで、2018年1月生まれとのことです。

まだまだ小さく、父親の姿を追ってしまう年齢なので、残された奥様とお子さんにとってはかなりショックな出来事だと思います。

お子さんはまだ小さいだけに、全てを理解できるわけではないでしょうが、それでもこれまでいたお父さんが突然いなくなったことで、徐々に事の大きさを理解していくのかもしれません。

ファンの方もこの訃報は大きなショックのようです。
SuchmosはYONCEさんの才能を見抜いたHSUさんが口説き落として結成されたと言われています。

Suchmosの中心人物として活躍し、それ以外でも様々なアーティストをサポートメンバーとして支えてきたHSUさん。
日本の音楽界にとっても、大きな痛手となりました。

SuchmosのHSUの死因は?腫瘍の影響や自殺などの可能性も!まとめ

>SuchmosのHSUの死因は?
腫瘍の影響や小田急関連で自殺の可能性も?

こちらについて紹介してきました。
HSUさんの死因については公表されていないため、事実は不明です。

しかし、小田急線での人身事故とあまりにも人物像が一致していることから、もしかしたらと思ってしまいます。
ご冥福をお祈りいたします。

タイトルとURLをコピーしました