レールガン開発は現実的でいつ完成予定?アメリカはいつから研究していたか調査!

レールガン,開発,現実的 SNSで話題

防衛省がレールガンの開発に本腰を入れた、と報じられています。
レールガンといえばアニメの世界の話でしたが、実際に研究は開始されています。

先行して開発していたアメリカは研究中止と報じられていますが、これまでどのくらい研究してきたのか気になりますよね。

そこで、レールガン開発は現実的でいつ完成?
アメリカはいつから研究していたのか調査!

こちらについて紹介します。

レールガン開発は現実的?本当に開発可能?


2022年度予算に防衛省がレールガンの研究・開発費で、65億円を計上していたことが報じられました。

レールガンといえば完全にアニメのイメージだったのですが、既にアメリカでは研究が開始されているとのこと。

しかしアメリカはコストに見合わないことを理由に研究を中止。
それを知ったうえで、日本政府は日本が開発の最先端を行くことになる、と研究に対して意気込んでいます。

アニメやSFの産物だったレールガンですが、実際に開発するのは現実的なのでしょうか?
こちらについて調査してみました。

先行開発していたアメリカでは、実は2008年時点でレールガンの試射に成功しています。
当時の飛翔速度は秒速2500m。

日本が目標に掲げている速度は秒速2000mなので、実はアメリカは日本の目標を既に達成しています。
アメリカの掲げていた目標はこれよりさらに上であったために、さらにアメリカは研究を進めています。

このことから、レールガン自体は夢物語ではなく現実的であると言えます。
それでは日本ではいつ完成するのでしょうか?

レールガンはいつ完成する?問題点3つを紹介

レールガン,開発,現実的
日本の防衛省におけるレールガンの開発は、既に2016年に10億円を盛り込み研究を開始していました。
目標は2028年以降に配備を始めることとしています。

レールガンはいつ完成するのでしょうか?
完成するまでには、3つの問題点が挙げられます。

1つ目は予算です。
2022年には65億円を計上したものの、この研究は継続的に行う必要があります。

毎年これに近い金額、もしくは研究の進捗次第ではこれ以上の予算が必要となります。
これを毎年確保できるのか?というのが問題に挙げられます。

2つ目は試射の問題です。
アメリカの研究によれば180キロ飛行するとされています。

180キロと言えば、東京から静岡付近まで届いてしまいます。
そのような長距離の試射をできるのかどうかが問題ですよね。

海外の協力を得られれば可能ですが、兵器開発に他国が協力してくれるのかが疑問です。
アメリカであれば協力は可能かもしれませんね。

3つ目は技術の問題です。
先行しているアメリカの技術協力を得られれば、遅れを取り戻し先に行くことは可能。

しかし、政府関係者はアメリカを頼りにできない、としています。
それはアメリカが通常弾頭に舵を切り、日本が開発の最先端となるためです。

このような問題点を解決して、ようやく完成にこぎつけられます。
しかし、このような問題点をクリアできるのか、見通しが立っていません。

配備が2028年以降になる可能性の方が高いものと思われます。

レールガン開発はアメリカはいつから行っていた?

レールガン,開発,現実的
レールガン開発を日本より先行して行っていたアメリカ。
いったいいつから開発を行っていたのでしょうか?

アメリカでは海軍が2005年に世界に先駆け、レールガンの開発を開始していました。
2008年に試射を行い秒速2500mを成功させました。

その翌年の2009年にもプロトタイプ2号機を使い試射し成功。
2013年7月には単射しかできなかったものを、連続して発射できるように改良する計画を立てていました。

2017年には数百発の射撃に耐えられるバッテリーの開発に成功しました。
順調にいっていると思っていたプロジェクトですが、その後遅延してしまいます。

この理由は、レールガンに大量な電力が必要になることです。
電力を生成するためアメリカでは大きな戦艦を建造していました。

当初は32隻の建造を予定していたものの、高価なために3隻しか生産されていません。

高価な戦艦が足を引っ張ったというよりは、そもそもレールガンが電力を使いすぎ、というのが理由でしょうね。

そのような背景があり、アメリカでは現在レールガンの研究は足踏み状態。
その間に、中国やロシア、インド、トルコもレールガンの開発を開始しています。

中国に至っては、レールガンを艦に搭載するところまで開発が進んでいるとのこと。
軍事利用するかどうかは明らかにはなっていません。

中国は音速ミサイルも開発を進めており、日本からしてみればかなりの脅威になりそうですね。

レールガン開発は現実的でいつ完成予定?アメリカはいつから研究していたか調査!まとめ

レールガン開発は現実的でいつ完成予定?
アメリカはいつから研究していたか調査!

こちらについて紹介してきました。
レールガンは既にアニメやSFの世界を越えて、実用化の域に達しているようですね。

各国を悩ませているのは、コストのようです。
日本では予定通りの配備は可能になるのか気になるところです。

ただ、超音速兵器を作る方が効率は良さそうですが、レールガンには夢がありますね。
ただし、自衛のためにどこまで準備するのかによっては、反対する人も多くいるのでは。

今後日本はどのような方向に行くのでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました