水原一平(大谷翔平通訳)給料(年収)は?英語力の高さも調査した!

水原一平,給料 スポーツ

大谷翔平さんのMLBの活躍が素晴らしいですね!
連日のホームラン情報に、野球ファンならずともうれしくなります。

その大谷翔平さんを支えているのが通訳をしてる水原一平さん。
大谷翔平さんの活躍と共に、水原一平さんも大きな話題になっているようです。

そこで、水原一平さんの給料(年収)はいくらなのか?
また、英語力が高いとしても話題の水原一平さんの英語力はどれだけのものなのか、調査しました。

こちらを併せて紹介していきます。

水原一平さんの給料(年収)はいくら?


メジャーリーグで大活躍している大谷翔平さんですが、年棒は推定6億6000万円と言われています。
その大谷翔平さんの通訳を務めている水原一平さんの給料(年収)はいくらでしょうか?

一般の通訳業の年収は、フリーランスの場合は300万~600万円くらいが相場の様です。
しかし、水原一平さんは通訳だけではなく、マネージャー業もこなしています。

そして通訳以外にもキャッチボールの相手やメディア対応、キャッチボールの相手、車での送迎、さらには生活のサポートまで行っているようです。

通常の通訳以外にもこれだけのことをしていたら、相場では収まりませんよね。
参考として、田中将大選手の専属通訳をしていた堀江慎吾さんは年収約884万円だったとのことです。

通訳以外の仕事を低く見積もって300~400万円くらいと考えてみます。
堀江慎吾さんが年収884万円だとすると、これに劣らない給料を得ているのではないでしょうか。

そのため、合算して1200~1300万円くらいではないか、と見積もられます。
これを高給取りと思うのか?

それとも多くのことをこなしているから、当然だと思うのか?
なお、水原一平さんはホームランダービーの捕手も務めています。

大舞台での、水原一平さんも通訳と捕手の二刀流。
お祭りとはいえ、重圧はかなりのものではないでしょうか。

水原一平さんの英語力はどのくらい?

長々と質問されるも、しっかりと大谷翔平さんにわかるように伝えているのがわかりますね。
なぜ水原一平さんはこのように通訳をこなせる英語力があるのでしょうか?

水原一平さんは1984年生まれで、北海道苫小牧市出身です。
1991年に父親の仕事の関係でロサンゼルスに移住しています。

カリフォルニア大学リバーサイド校に通い、大学卒業後には通訳の道に進みました。
レッドソックスに在籍していた岡島秀樹さんの通訳を務めていた時期もあったようです。

小学校の頃に渡米しているのですから、英語力はネイティブと変わらないくらいあるのでしょうね。
また、大谷翔平さんに英語の内容をすぐさま日本語で伝えるところを見ると、頭の回転も相当に早いのでは。

そういった意味でも、英語力の高さ、通訳としての有能さがわかりますね。
現地での人気もかなりのものらしく、ベースボールカードでも登場しています。

大谷翔平さんの人気と共に、水原一平さんの評価もどんどん上がっていっているようですね!
大谷さんからの信頼も厚く、移籍1年目で支えになった人は?と記者から聞かれると、「一平さん」と答えています。

その理由は、通訳として1年間一緒にやってきただけでなく、グラウンドのレベルで、同じフィールドの上でやってきたので、私生活も含めて本当にお世話になりました、と説明しています。

「ホームランダービーに出場する翔平のキャッチャーを務めるのは誰でしょうか?」とエンゼルスの公式アカウントでツイートされると、2800回以上のリツイートされているのと1.7万いいねがついていました。

ファンからも愛されているようですね。
水原一平さんを通してメディアに発言することに対して、著名アナリストであるスティーブン・A・スミスは「ゲームに悪い影響を与える」と言っています。

しかし、多くのジャーナリストたちがこの意見に反論しています。
そのような発言はゼノフォビック(外国人嫌悪)に当たる、と一斉に指摘しています。

この一件もあり、今後さらに水原一平さんがフォーカスされていくのではないでしょうか。

水原一平(大谷翔平通訳)給料(年収)は?英語力の高さも調査した!まとめ

水原一平さんの給料(年収)はどれくらいなのか?
また、英語力はどのくらいなのか?

こちらについて紹介してきました。
投手に対して捕手のことをよく女房役と呼びますが、水原一平さんは大谷翔平さんの女房役ではないでしょうか?

生活も支え、仕事でも支え、もしかしたら女房以上の役割をこなしているかもしれませんね。
大谷翔平さんの活躍を今後も支えていってほしいものですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました