やつどき(YATSUDOKI)とシャトレーゼの違い?おすすめは?

やつどき,シャトレーゼ,違い 店舗情報

国内で多くの店舗を出店するスイーツ店「シャトレーゼ」。
このシャトレーゼがオープンした都心型ブランド「やつどき(YATSUDOKI)」が今話題です。

シャトレーゼやつどき違いはなにか、またヤツドキのおすすめ商品はなにか、などを紹介します。

Advertisements

シャトレーゼとやつどき(YATSUDOKI)の違い

菓子専門店のシャトレーゼ。
全国各地に500店舗以上、海外9ヶ国を展開する菓子メーカーです。

本社は山梨甲府市にある企業ですが、このシャトレーゼが2019年9月14日にやつどき(YATSUDOKI)1号店として、銀座にオープンさせました。

ブランド名であるやつどき(YATSUDOKI)は、山梨県の八ヶ岳をイメージしていると共に、末広がりの「八」、午後三時の「おやつどき」にちなんで命名されました。

出店場所

やつどきの1号店の出店場所はこちらです。

住所:東京都中央区銀座 7-15-11
営業時間:午前10時~午後9時
定休日:年中無休

シャトレーゼは郊外に多く出店していますが、ヤツドキは都心を中心に出店しています。
1号店は銀座にオープンしました。

ヤツドキ(YATSUDOKI)は現在銀座にさらに1店舗、自由が丘、新宿御苑をはじめとして大阪の池田、千里中央、兵庫の神戸などにも出店しています。

店舗一覧についてはこちらを参照してください。

取り扱い商品

やつどきでは、シャトレーゼで販売されている商品も一部取り扱っています。
また、やつどき(YATSUDOKI)限定のオリジナルスイーツも販売していることが大きな違いです。

八ヶ岳の自然と上質な素材をイメージした高級感のある店舗が特徴で、やつどきオリジナルを含む約70種類の商品を取り扱っています。

ワインの取り扱い

シャトレーゼのある山梨はワイン処としても有名です。
そのためヤツドキではワインの取り扱いもあり、スイーツとワインのマリアージュも大切にしています。

やつどき(YATSUDOKI)のおすすめ商品は?

やつどき(YATSUDOKI)のおすすめ商品を紹介します。

YATSUDOKIプレミアムアップルパイ

やつどき,シャトレーゼ,違い
引用:yatsudoki公式HP

まず紹介するのはYATSUDOKIプレミアムアップルパイです。
リンゴは季節に応じて国産の旬の品種を使用しています。

甘くジューシーに煮た国産リンゴとカスタードクリームを、ヨーロッパ産の発酵バターを加えたパイで包み込んだパイは大好評。

Advertisements

八ヶ岳南牧村契約農場 しぼりたて牛乳のカスタードシュー

やつどき,シャトレーゼ,違い
引用:yatsudoki公式HP

次に紹介するのが「八ヶ岳南牧村契約農場 しぼりたて牛乳のカスタードシュー」。
シュー皮は発酵バターの深みある香りが特徴で、厚皮なのにサクサクと歯切れがよく、口溶けの良い味わい。

カスタードクリームはマダガスカル産やタヒチ産バニラの甘い香りと濃厚な味わいです。
特にこだわっているのは卵、牛乳、生クリームなどの原料です。

卵は特別飼育されたもの、牛乳は南牧村契約牧場の新鮮なものを使用し、さらに濃厚で風味豊かな北海道産純生クリームにより贅沢なおいしさを引き出しています。

八ヶ岳明野町契約農場うみたて卵のプリン

やつどき,シャトレーゼ,違い
引用:yatsudoki公式HP

最後に紹介するのは「八ヶ岳明野町契約農場うみたて卵のプリン」です。
こちらも前述のシュークリームと同じ牛乳を使用しています。

標高1,000m以上にある南牧村の夏でも冷涼な気候が、乳牛が健康に育つのに最適な環境のため、おいしい牛乳が生産されます。

卵ももちろん特別飼育卵を使用。
とろりとしている食感の北海道純生クリームのコクが濃厚なプリンの味を引き出しています。

シャトレーゼとやつどき(YATSUDOKI)の違いまとめ

シャトレーゼやつどき(YATSUDOKI)の違いやおすすめ商品を紹介しました。
やつどきは現在も店舗数を増やしています。

今はお近くにないかもしれませんが、そのうち店舗ができるかもしれませんね。
また、やつどきの商品の一部はシャトレーゼのオンラインショップでも購入することができます。

こちらも利用してみてください。

Advertisements

コメント

タイトルとURLをコピーしました