漫画「怪獣8号」の最新刊3巻の発売日はいつ?どんな内容の漫画?

怪獣8号,最新刊,発売日 書籍

怪獣8号」という漫画が人気です。
まだコミックは2巻しか発売されていないので、今からでもすぐ追いつくことができます。

この「怪獣8号」の最新刊発売日はいつか?
またどのような内容の漫画なのか?

これらを解説します。

Advertisements

漫画「怪獣8号」の最新刊の発売日は?

漫画「怪獣8号」の最新刊2巻の発売日はいつになるでしょうか?
こちらは集英社の公式HPを確認してみたところ、以下の日付だとわかりました。

2021年6月4日(木)

既刊の発売日は以下のとおり。

1巻:2020年12月4日発売
2巻:2021年3月6日発売

なお、「呪術廻戦」の発売ペースを見ると、だいたい2~3か月に1巻のペースで発売されています。

漫画「呪術廻戦」最新刊15巻の発売日は?どのような内容の漫画か?
漫画「呪術廻戦」が大人気です。第二の「鬼滅の刃」、とも言われています。現在コミックは14巻まで発売されていますが次の15巻の発売日はいつになるのか、また「呪術廻戦」を知らない人向けにどのような内容なのかを簡単に、かつわかりやすく解説します。

今後も同じようなペースで発刊されることが予想されます。

漫画「怪獣8号」はどのような内容か?

漫画「怪獣8号」ですが、現在少年ジャンプで連載されています。
「怪獣8号」の舞台は怪獣大国という設定の日本。

怪獣は、台風と同じようなレベルで出現し、台風同様に番号で呼ばれます。
強さはマグニチュードに倣って「フォルティチュード」という単位であらわされます。

怪獣から日本を守るために「日本防衛隊」という組織が存在し、怪獣退治に奔走しています。
主人公はこの日本防衛隊に所属している・・・と思いきや、なんと怪獣が退治された後の後始末をする清掃員という役割をしています。

大きな怪獣が倒された後、跡形もなく消え去るというわけでなく、死骸が残るのでその清掃員が必要である、という舞台設定です。
この発想は今までなかったので、面白い設定ですね。

さて、この清掃員である主人公は子供のころには「日本防衛隊に入って怪獣を倒す」と誓い合った幼馴染の少女がいました。
その少女は防衛隊に無事入り、主人公は清掃員として働く生活。

しかし、ある日主人公に奇妙な蟲のようなものが体に入り込みます。
すると体が怪獣化してしまい・・・といったストーリーで始まります。

怪獣8号の魅力は、怪獣討伐自体もそうですが、その裏側も描かれているという点。
まさか怪獣を倒した後の後始末をする、だなんて想像もしなかったですよね!

Advertisements

キャラクターも魅力的な人物が多く、主人公の相棒である市川レノが急成長をし今後の防衛隊の中心になるのでは?と期待されます。

敵キャラクターも、怪獣9号と呼ばれる人型の怪獣が登場。
知性と人の言葉を解する能力を持ち、身体を変形することができます。

主人公とのこの怪獣9号の対立も、ストーリーの中心となっていきます。

怪獣8号を試し読みしたいという方や、漫画をよく読むという方はBooklive!がおすすめ。

Booklive!はこちらから

スマホでマンガや雑誌が読めるBookLive!は、累計で50万タイトル、100万冊以上とラインナップがとても充実しています。作品も新しいものが毎日更新されています。

また、BookLive!では1日1回引けるガチャがあり、全作品50%オフで購入できることができるクーポンなどが当たります。
クーポン以外にも割引セールが頻繁に行われています。

通常書籍は本屋で購入する際には割引がないので、このようなところだとお得に購入することができますよ!

漫画「怪獣8号」の作者は?

漫画「怪獣8号」の作者は松本直也先生です。
今回の「怪獣8号」が代表作となっており、連載開始からネットで評判になりました。

そして、現在漫画大賞2021では6位にランクインしています。

今までの連載は「ねこわっぱ!」「ポチクロ」があります。
その他読み切りでは「ネコロマンサー」「ROOM STRANGER」「魔女になった少年」などがあります。

今回の怪獣8号が一番のヒット作であり、「少年ジャンプ+」での閲覧数は史上最速ペースで推移しています。
少年ジャンプ+の編集長も、「どこまで伸びるか楽しみ」と評価をしています。

まとめ

怪獣8号の最新刊の発売日はいつか?
怪獣8号はどのような内容の漫画なのか?

また、作者である松本直也先生を紹介してきました。
鬼滅の刃が注目され社会現象にもなりましたが、その後も本当に面白い漫画が次々と登場していますね!

怪獣8号の最新刊も、楽しみです!

Advertisements

コメント

タイトルとURLをコピーしました