富田宇宙のプロフィールや経歴は?結婚や出身高校・大学を調査!

富田宇宙,プロフィール,経歴 スポーツ選手

東京パラリンピックの水泳競技に出場している富田宇宙さん。
今回の東京パラリンピックでは3種目で出場予定です。

視覚障害でS11クラスで出場する富田宇宙さんは、金メダル候補の1人です。
そんな富田宇宙さんはどのような人なのでしょうか?

富田宇宙のプロフィールや経歴は?
結婚は?出身高校・大学は?

こちらについて、紹介します。

富田宇宙のプロフィールや経歴は?


富田宇宙さんのプロフィールや経歴を紹介します。
まずは、プロフィールから。

プロフィール

名前:富田宇宙(とみた うちゅう)
生年月日:1989年2月28日
出身:熊本県熊本市
身長:168cm
体重:63kg
職業:パラ競泳選手 ブラインドダンサー
障害クラス:S11、SB11、SM11(全盲)

富田宇宙さんは「宇宙のように広い心を持つように」と願いを込められて両親に名づけられました。
その名のとおり、一時期は宇宙飛行士を目指していましたが、視力の衰えにより諦めています。

また、競泳選手だけでなくブラインドダンサーとしても活躍しています。
富田宇宙さんは2021年8月現在、32歳。

今回の東京パラリンピックが、パラリンピックの初舞台となります。

経歴・大学卒業まで

3歳からオレンジワン熊本で水泳を始めました。
その後高校に入学してから宇宙飛行士を目指すべく、宇宙工学や航空工学を学べる大学への進学を目指して勉強に励んでいました。

しかし、高校2年生の頃に黒板の文字が見えにくくなり、病院を受診。
結果、網膜の以上で視野が狭まる進行性の難病「網膜食素変性症」と判明。

その時に診断された際、「症状はゆっくり進行して、徐々に視野が失われていきます。5~10年後には完全に見えなくなるかもしれないし、そうじゃないかもしれない」と言われます。

3歳から始めていた水泳は県高校総体でベスト6、九州大会出場の結果で引退となりました。

高校卒業後は最終的には失明してでもできる仕事を探し、システムエンジニアであればスクリーンリーダーを使ってパソコン操作して働けることを知り、これを目標に定めます。

大学入学後は漫画研究会、演劇サークル、競技ダンス部と3足の草鞋で活動していました。
しかし、大学2年生になると病気の進行のために漫画研究会を退会しています。

演劇サークルに属していたことから演劇の道についても模索するも、台本の読み合わせや暗転時の蛍光テープの確認ができず、断念。

競技ダンスについては二人一組で行うことから健常者として取り組めると考え、これに専念することを決意。
その後は競技ダンスで頭角を現した富田宇宙さんは、多くの試合で入賞します。

4年生になるとキャプテンとして出場、12年ぶりの全日本学生選抜競技ダンス選手権に導きました。

経歴・パラ競泳本格化

大学を卒業すると、キャノンソフトウェアに入社し、希望通りシステムエンジニアとして勤務。

視覚障害エンジニアとして活躍し、2012年に障がい者の職能を競う全国アビリンピックの東京代表として出場、パソコン操作の部で銅メダルを受賞しています。

パラスポーツに興味を持ったのは、同じ年の11月。
知人に紹介され障害者水泳クラブ「東京ラッコ」に入会、パラ水泳を開始しました。

また、この頃まで競技ダンスもアマチュア選手として活動を続けていましたが、大会で予選敗退したことから引退を決意しています。

システムエンジニアとして働くかたわら、水泳を始めるも長いブランクで思うようにいきません。
しかし、水泳を再開してから3年目の2015年には、パラリンピックの基準記録を始めて突破。

身体障がい者水泳連盟の強化選手に選ばれます。
同じ年にパラアスリートとして競技に専念するためにEYアドバイザリー株式会社に転職。

初の国際クラス(S13、SB13、SM13)を取得しその直後の日本選手権で男子400m自由形(S13)、男子100mバタフライ(S13)の2瞬目でアジア新記録を樹立。

その後はS13クラスのスイマーとしては国内で負け知らずの活躍を見せます。
友人の誘いでブラインドダンスのサークルに参加し、2015年8月には全日本ブラインドダンス選手権大会に出場。

男性の部チャチャチャ、ルンバの2種目で優勝を果たします。
これを機会にブラインドダンサーとしての活動を開始しています。

2016年リオパラリンピック代表戦光線に出場し2種目でアジア記録と1種目で日本記録を更新するも、派遣標準記録を突破できずに代表落選。

しかし、2017年7月に障がいの進行でクラスがS11、SB11、SM11に変更されます。
このクラス変更により、代表レベルに満たなかった泳力が世界トップクラスとなります。

直後に行われたジャパンパラ水泳行儀大会で400m自由形で世界ランキング1位を記録。
一躍東京パラリンピックのメダル候補に躍り出ました。

2018年にはパンパシフィックパラ水泳選手権に出場、3つの金メダルを獲得。
同じ年に開催のアジアパラ大会で男子100m自由形(s11)で金メダル、男子200m個人メドレー(SM11)、男子50m自由形(S11)で銀メダル獲得。

2019年9月の世界パラ選手権男子では400m自由形(S11)、男子100mバタフライ(S11)の2種目で銀メダルを獲得しました。

富田宇宙は結婚している?

富田宇宙さんは結婚しているのでしょうか?
2021年8月現在、32歳の富田宇宙さんですが現在は独身のようです。

ブラインドダンスのパートナーを務めていた方が彼女だった、という噂もあるようです。
しかし、現在はそのような噂はありません。

2018年の全国大会では24時間テレビの企画で、タレントの佐藤栞里さんとペアを組み、全日本ブラインドダンス選手権大会男性の部ルンバに出場し、3連覇を果たしています。

2017年も優勝しているので、もしかしたらこの時のパートナーが彼女だったのかも?
現在は東京パラリンピックに集中している時期だと思いますので、現在はそれどころじゃないのではないでしょうか。

富田宇宙の出身高校・出身大学は?

富田宇宙さんの出身高校ですが、熊本県立済々黌高等学校です。
文武両道に秀でた名門校で、宇宙飛行士を目指すべく入学しました。

お笑いコンビのくりぃむしちゅーの上田晋也さん、有田哲平さんや、TBSアナウンサーの山本恵里伽さんが有名人の卒業生です。

この高校でいったんは水泳に区切りをつけて、大学に進学します。
大学はシステムエンジニアという将来を見据えて日本大学文理学部情報システム解析学科に進みました。

しっかりと将来を見据えて大学を決めるというのはこの年にしてはかなりしっかりしていますよね。
視覚障がいを受け入れ、前向きに捉えた結果かもしれませんね。

大学ではかなり濃い生活を送ったのではないでしょうか。
漫画研究会、演劇サークル、競技ダンス部の3足の草鞋を履いていますからね。

この時期は2次元に逃げていた時期でもあるそうです。
そのために漫画にはまり、ヲタクの生活を過ごしていたとのこと。

「人生の生産性を考えると、脱ヲタできたことは目が見えなくてよかったと思えること」と語っています。

富田宇宙のプロフィールや経歴は?結婚や出身高校・大学を調査!まとめ

富田宇宙さんのプロフィールや経歴は?
結婚は?出身高校・出身大学は?

こちらについて紹介してきました。
金メダルが期待される富田宇宙さん、ぜひとも期待に応えてほしいものですね!

タイトルとURLをコピーしました