小川淳也の娘の大学やかわいい画像は?嫁は議員になるのを反対だった!

小川淳也,娘,大学,かわいい 政治経済

立憲民主党に所属している小川淳也議員。
代表選に正式に出馬したことで注目を集めています。

小川淳也議員には2人の娘さんがいます。
この娘さんがかわいいとの噂。

そこで、小川淳也の娘の大学やかわいい画像は?
嫁は議員になるのを反対だった?

こちらを紹介します。

小川淳也の娘の大学は?

立憲民主党の小川淳也議員には、2人の娘さんがいます。
長女・小川友菜(ゆうな)さんと次女・小川晴菜(はるな)さんです。

2021年現在、友菜さんは25歳、晴菜さんは23歳です。

2人の大学を調査してみたところ、慶應義塾大学井手教授が2017年におこなわれた選挙時に友菜さんが東京の大学に通っていることを明かしています。

どこの大学までかはわかりませんでしたが、当時小川淳也さんと3人で議員宿舎に住んでいたとのこと。
このことからも、晴菜さんも都内近郊の大学に通っていたものと思われます。

小川淳也さんと娘の2人の仲は良好のようで、選挙時には応援に駆けつけています。
応援用の専用Twitterアカウントを作成し、応援の声を届けていました。

家族一体となっての選挙活動を送っており、選挙で落選した際には涙がとまらなかったことをSNSに投稿していました。

父親のために涙を流せる娘さん。
ここからも親子の仲が良いのかよくわかりますよね。

なお、小川淳也さんの2人の娘さんがかわいいと言われています。
そこで2人の娘の画像を紹介します。

小川淳也の娘のかわいい画像は?

小川淳也さんの娘2人がかわいい、と言われています。
そこで先ほどの「小川淳也のむすめたち」のSNSアカウントに掲載されていた画像を紹介します。

こちらに娘の写真が投稿されていました。

左が長女の友菜さん、右が次女の晴菜さんです。
友菜さんは目がぱっちりとした美人さん。

晴菜さんはふんわりとしたイメージを持つ癒し系の女性ですね!
小川淳也議員のSNSアカウントにも2人の姿が投稿されています。

選挙時には「娘です」と書かれた襷をかけて応援していた姿もありました。
それがこちら。

ただ、この姿には賛否両論があったようです。
というのも

・家父長制的では?
・世襲の下準備?
・家族の絆推し?

このような評価がされていました。

家父長制とは、共同体において家長が家父長としての権力を行使し、成員を統率支配する制度のことです。
今時、家父長制はないのでは?と批判もあったようですね。

しかし小川淳也議員とその娘にはそのような意図はなかったように思われます。
単に家族全員でがんばっています、というのをアピールしていただけではないでしょうか。

長女の友菜さんはON&DOという企業で、コンセプトプランナーとして働いています。
コンセプトの開発を主に行っている職業のようですね。

そして次女の晴菜さんは三井ホームで営業職として勤務していることがわかりました。
2021年11月現在、入社1年目とのことなのでこれから活躍できるように、勉強中ではないでしょうか。

小川淳也の嫁は議員になるのを反対していた?

こちらのSNSに投稿されている写真が、小川淳也議員の嫁の明子さんです。
2人は高校の同級生で、高校3年生の時に同じクラスだったようです。

初出馬前には官僚として働いており、相当な激務だったとのこと。
しかし、官僚であれば将来は安定は約束されていることで納得していました。

それが一変し、小川淳也さんが政治家になると発言をしたときには反対しています。
政治家というイメージが世間的にも良くないことや、裏がありそうなので近づきたくないと思っていたそうです。

さらに落選すればただの人であり無職になるという懸念もあったことで当初は猛反対。
その反対を説得するのに2年もかかっています。

最後は小川淳也さんが役所に辞表を出す、と決めた時に嫁の明子さんも覚悟を決めたことをインタビューで答えています。

2003年の初出馬の時には落選してしまいましたが、2005年に比例で初当選を果たしています。
そして2021年11月には小川淳也さんは立憲民主党の代表選へ出馬を決めました。

きっと妻の明子さんの全面バックアップの元、全力を尽くす小川淳也議員。
これまで支えてきた嫁のためにも、立憲民主党の代表になることはできるのでしょうか。

まとめ

小川淳也議員の娘の大学やかわいい画像は?
嫁は議員になるのを反対だった!

こちらを紹介してきました。
立憲民主党の代表選に出馬を表明した小川淳也議員ですが、見事代表の座を得ることができるのでしょうか?

なお、立憲民主党の代表選に出馬した泉健太さんの紹介はこちらの記事で行っています。
よかったら参考にしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました