紅白歌合戦2021でウマ娘はなぜ落選した?ネットでは落馬の声も!

紅白歌合戦,2021,ウマ娘 エンタメ

紅白歌合戦2021の出場者が発表されました。
下馬評ではウマ娘が出場予定ではないか?とネットでは噂になっていましたが、出場者には名前がありませんでした。

馬を擬人化した競馬のソシャゲが大ヒットした2021年だっただけに、ウマ娘のアニメ主題歌の「うまぴょい伝説」が紅白初出場か?と期待されていました。
これだけ大きな話題となったウマ娘はなぜ落選したのでしょうか?

そこで紅白歌合戦2021でウマ娘はなぜ落選した?
ネットでは落馬の声も!

こちらを紹介します。

紅白歌合戦2021でウマ娘はなぜ落選?


2021年のソーシャルゲームで大ヒットを飛ばした「ウマ娘 プリティーダービー」。
競馬好きはもちろん、擬人化されたウマ娘達がかわいいと競馬をやっていない層にも刺さっていました。

この大ヒットが影響して、アニメ声優たちが歌うテーマソング「うまぴょい伝説」はFNS歌謡祭、ミュージックステーション、シブヤノオトなどでも楽曲が披露されています。

シブヤノオトはNHKで放送されており、大きな反響を集めたために紅白出場を決めた、という内容がネットニュースが報じられていました。

しかし蓋を開けてみれば、ウマ娘は紅白落選。
なぜウマ娘は紅白落選となったのでしょうか?

一部には反響があったウマ娘ですが、実は一般視聴者からは評判が悪かったようですね。

・声優たちがウマに扮して歌う
・支離滅裂な歌詞の電波ソング

このような理由で結果としては敬遠されたようです。
ネットでは「共感性羞恥が半端じゃない」という声が多く投稿されていました。

共感性羞恥は他人が恥をかいていると自分も恥ずかしくなる感情のことを意味します。
いたたまれない、という言葉で言い換えることもできます。

一般視聴者には理解できないことと、ファンからは共感性羞恥を感じるとのことで全面的には受け入れられてはいませんでした。

また、そもそも紅白出場は確実視されていたわけではなく、一部のメディアで出場が「有力視されている」とだけ報じられていました。

紅白歌合戦の選定は、次のような視点が基準となっています。

・今年の活躍
・世論の支持
・番組の企画・演出

活躍は目覚ましいものがあったものの、どちらかといえばアプリが盛り上がった印象です。
そしてウマ娘の声優が歌う楽曲は、世論の支持は一部だけ。

このあたりが選考に漏れた理由ではないでしょうか。

紅白歌合戦2021はウマ娘は企画枠に期待?

紅白歌合戦2021ではウマ娘の出場は落選していますが、まだ望みは残っています。
それが企画枠です。

過去には刀剣乱舞やラブライブなど一部に熱狂的に支持されるジャンルも出場しています。

松平健さんの「マツケンサンバ」が出場を決定していますが、これはTwitterで多くの支持があったことからです。

もしかしたら、ネットの盛り上がりが紅白の関係者の目に留まれば、企画枠として出場する可能性もあると思います。

また、番組の盛り上がりに必要だと感じられる部分があれば、企画枠での出場の可能性も高まるのではないでしょうか。

ウマ娘の出場を期待している方は、諦めるのはまだ早いかもしれませんよ!

紅白歌合戦2021のウマ娘落選でネットでは落馬の声も

紅白歌合戦2021のウマ娘落選の報を受けて、ネットでは残念だったとの声があがっています。
また、ウマだけに落馬したという声も。

ネットの声を紹介します。

このように、ウマ娘が落馬、いや落選したことを残念に思う声があがっています。
その一方で、このような声もありました。

二度と地上波では見たくない、との声もあがっています。
一般視聴者はこちらの方が自然な反応かもしれません。

ウマ娘は紅白歌合戦に登場することはできるのでしょうか?
2021年の流行語大賞にもノミネートされているウマ娘。

年末最後の舞台を飾ることが出来るのでしょうか?

まとめ

紅白歌合戦2021でウマ娘はなぜ落選した?
ネットでは落馬の声も!

こちらについて紹介しました。
ウマ娘ファンにとっては残念な結果になりました。

しかし、一般視聴者にとってはあまり評判が良くなかったことで、落選したものと思われます。
ウマ娘ファンの方は、企画枠で出場することに期待しましょう!

タイトルとURLをコピーしました